Deep Red Weekend

チュホとスンヒョンとPJの週末 2020/5-2 Kリーグ開幕とタイ退団

Korea

Park Joo Ho & Jung Seung-Hyun
  / Ulsan Hyundai

リーグ開幕。新加入のチョン・スンヒョンは15番を背負ってスタメン出場。パクチュホはメンバー外。Youtubeで蔚山公式アカウントが開始1分だけ映像を見せてくれた試合は8分に蔚山が先制点を奪うと、前半終了間際にPKで追加点を獲得。後半にも2得点を奪い、スンヒョンはフル出場で4-0の完封勝利に貢献。次節はアウェイで水原三星と対戦。

増田誓志が昨季まで所属したソウルイーランドは2部リーグの開幕戦、2013年にペドロジュニオールが所属していた済州ユナイテッドとのアウェイゲームに挑み、1-1の引き分けで勝ち点1を獲得。ジャイールが所属していた全南ドラゴンズも2部リーグの開幕戦で慶南FCと対戦して0-0の引き分け。ちなみにイジョンスは今季からべトラムのホーチミン・シティで守備コーチに就任。

Thailand

Masatada Ishii & Pedro Junior
/ Samut Prakan City

タイメディアの報道によると、コロナウイルスによるリーグ中断中にブラジルへ帰国したことでサムットプラカーンが契約解除を発表。2月のシーズン開幕前に加入したペドロはリーグ戦3試合に出場して無得点。

ちなみにそんなリリースが出る少し前、ペドロが帰ったゴイアス州のテレビ局が2008年のセリエB(ブラジル2部リーグ)ヴィラノヴァvsコリンチャンスの試合を再放送し、1-1で迎えた試合終了間際にペドロジュニオールが決勝点を記録。Twitterでクラブ公式アカウントが動画つきで紹介しています。