Deep Red Weekend

イゴールの週末 2020/3-4 古巣撃破ゴールでFAカップ決勝進出

※コロナウイルスの影響でほとんどの国がすべてのコンペディションを延期・中断するなか、イゴールがプレーする香港のみ公式戦を開催。

Igor
  / R&F

まずはイゴールの説明から。鹿島アントラーズのレジェンドであるアルシンドの息子で、2011年3月10日、C契約で父親と同じく鹿島アントラーズに加入。しかし、同年の公式戦出場2試合に留まり、シーズン終了後、学業の優先を理由に退団。その後、アカデミーに所属していたフラメンゴに復帰するも、ビッククラブでポジションを確保できず、2015年にブラガンチーノ(のちにザーゴが指揮を執るクラブ)、2016年からはレッドブルブラジル(のちにザーゴが指揮を執るクラブ)にローン移籍し、2018年に香港の和富大埔に完全移籍で加入した。

和富大埔では中心選手として活躍し、1年目は17試合で9得点と大量のアシストを記録。2019も7得点と大量のアシストを記録し、クラブ史上初となるリーグタイトルに貢献、というかリーグの年間最終選手に輝いた。

そして2020年、前年度に優勝を争った富力R&Fへ移籍。現在までリーグ戦9試合で7得点を決めるなどド中心選手として活躍しており、ベスト8から出場した(3回勝てば優勝の)FAカップでも準々決勝でゴールを決めてベスト4進出に貢献。そんなFAカップの準決勝が3月22日、無観客で開催されました。

準決勝の対戦相手は昨季まで所属した和富大埔。イゴールは安定のスタメン出場で67分にゴールを決めるも、チームは90+5という土壇場で同点ゴールを許し、試合は延長戦に突入。延長戦ではともに1点ずつを奪うも決着付かず、決着はPK戦へ。イゴールは1人目のキッカーとして無事に成功させると、味方GKが頑張って5-3で勝利。この結果、R&Fが決勝戦のチケットを獲得。決勝は5月31日に開催予定も、リーグ戦では最低2週間の延期が決定。

あとFAカップ準決勝が開催される2日前に突如Instagramで鹿島時代の写真を投稿し、土居聖真や田代有三が「いいね」。

この投稿をInstagramで見る

🇯🇵🔙

Igor Sartori(@igortsartori)がシェアした投稿 –