Deep Red Weekend

紅い週末2021/4-2 初マレーシアシスト

ANTLERS

Yuki Kakita
  / Tokushima Vortis

ミッドウィーク、週末のリーグ戦ともにスタメン出場も無得点。チームは1勝1敗。次節、ホームでの鹿島アントラーズ戦は契約的に出場不可。


Shintaro Nago
 / Shonan Bellmare

ミッドウィークの名古屋グランパス戦ではスタメン出場で88分までプレーし、上位相手から1ポイント奪取に貢献。4日後のアウェイ、サンフレッチェ広島戦ではベンチスタートも後半開始から出場。チームは56分に奪った先制点を最後まで守り切ってリーグ戦5試合ぶりの勝利。


Tatsuki Nara
  / Avispa Fukuoka
水曜日のガンバ大阪戦では出番なしも土曜日のセレッソ大阪戦でシーズン2度目のスタメン出場。チームは試合開始早々に退場者を出すも、アウェイゲームで勝ち点1を獲得。奈良竜樹はデュエル3勝0敗。空中戦2勝0敗。イエロー1枚。金森健志もスタメン出場。


Itsuki Oda
  / JEF United Chiba

アウェイでのツエーゲン金沢戦にスタメン出場し、スコアレスで迎えた59分にコーナーキックからヘディングシュートを流し込んで先制点をゲット。これが千葉での初ゴール、J2リーグ通算4点目。チームはこのゴールを守り切って好調クラブ相手にアウェイで勝ち点3を獲得。伊東幸敏はメンバー外。


Kotaro Arima
  / Tochigi SC

メンバー外続く。栃木はホームで相模原相手に無得点に終わる。


Shogo Sasaki
 / Iwate Grulla Morioka

謎のメンバー外続く。チームはアウェイで八戸との南部ダービーを3-0で制し、首位キープ。色摩雄貴は88分から出場、藤井航大はメンバー外。


Bueno
 / Atletico-MG

州選手権が開催されるもブエノはメンバー外。チームはクルゼイロに0-1で敗北。


Antlers Youth
プリンスリーグ第2節で矢板中央と対戦。鹿島ユースはアウェイで前半に2度のリードを奪うも後半に失点を喫して2-2のドロー。連勝ならず。


Germany

Yuya Osako
 / Bremen

ミッドウィークの国内カップ戦で久しぶりのスタメン出場を果たすと、0-0のまま迎えた52分に待望のシーズン初得点をマーク。その後の決定機は決めきれずも、ブレーメンは大迫勇也のゴールを守り切って準決勝進出。週末、ライプツィヒとのリーグ戦では3点ビハインドの83分からピッチに立つもゴール奪えず。現地紙は「最後の切り札も目立たなかった」と採点なし。


Spain

Gaku Shibasaki
 / Leganés

首位を走るエスパニョールとのアウェイゲームにスタメン出場。チームは1分で先制点を献上すると、一時は同点に追いつかれるも73分に勝ち越しゴールを許して1-2の敗北。左サイドやったりボランチやったりの柴崎岳はフルタイム出場でパス成功率94%、チャンスクリエイト3、キーパス3。ということで現地サポも「岳よかった」「岳だけレベチ」みたいなことを呟きまくる。


Hiroki Abe
 / Barcelona B

戦線復帰後2試合連続メンバー入りも2試合連続出番なし。チームは1-2で敗れて3位後退。首位とは6ポイント差。


France

Naomichi Ueda
 / Nimes Olympique

アウェイでのブレスト戦でリーグ戦4試合連続スタメン出場。試合は1-1の引き分けに終わり、アウェイで貴重な勝ち点1を獲得。これで自動残留圏の17位まで2ポイント、自動降格圏の19位までも2ポイントの18位(プレーオフ進出)をキープ。フルタイム出場の植田直通はデュエルでの空中戦でも勝ち越してそこそこの評価。


Belgium

Yuma Suzuki
 / Sint-Truidense V.V.

ミッドウィークのリーグ戦で2得点を奪い、シーズン得点数を17まで伸ばして欧州主要1部での日本人シーズン最多得点記録を更新。チームは4-2でアウェイゲームを制し、2試合を残して1部リーグ残留が決定。そして週末のゲンク戦では0-4の大敗。鈴木優磨もPK失敗。次節、リーグ最終節でアンデルレヒトと対戦。


Portugal

Koki Anzai
  / Portimonense

リーグ戦に安定のスタメン出場で3-0の勝利。ポルティモネンセは2試合で8得点1失点と好調で9位まで浮上。


Greece

Da Silva
  / PS Kalamata

いつの間にかリーグ開幕してました。ギリシア語を解読する限りダシルバは今週の試合はメンバー外。チームは4試合を消化して8ポイントで2位。


Brazil

Fabio Santos
  / Corinthians

州選手権にスタメン出場し、1-0での勝利に貢献。クロス4本上げたって。


Sergio Dutra
  / Avai

4月5日に開催された州選手権で早速スタメン入りを果たし、11番背負ってアヴァイ復帰後初出場。1-0の勝利に貢献。その4日後に開催された州選手権でもスタメン出場も2試合連続ノーゴール。チームも0-0の引き分け。


Pedro Junior
  / Vila Nova

州選手権開催中。4月12日に開催されたゴイアス戦では1点リードで迎えた49分には自ら獲得したPKを沈めて追加点をマーク。チームは後半ATに失点を喫するも2-1で勝利。


Renato Caja
  / Ferroviaria

試合なし。


Dinei
  / Jacuipense

試合なし。


Korea

Park Joo Ho
  / Suwon FC

古巣の蔚山現代とのホームゲームにスタメン出場も0-1で敗北。チームは未だ1勝で9試合を終えて最下位に沈む。


Jung Seung Hyun
  / Gimcheon Sangmu

リーグ戦にスタメン出場で新天地デビュー。背番号は22。試合は0-0のまま迎えた後半ATに金泉尚武が決勝点を奪い、劇的な勝利で勝ち点3を獲得。※写真後ろ。

김천상무프로축구단 – Gimcheon FCさんの投稿 2021年4月11日日曜日


China

Serginho
  / Changchun Yatai

上海申花と練習試合を実施して1-1のドロー。セルジーニョの出場不明。4月20日にリーグ開幕予定。

Igor
  / Meizhou Hakka

練習試合に2-4で敗北。イゴールの出場不明。


Thailand

Masatada Ishii
/ Samut Prakan City

オフシーズン。


UAE

Caio
  / Sharjah

試合なし。


Malaysia

Masashi Motoyama
  / Kelantan United

火曜日と金曜日にリーグ戦が開催されて2試合とも出場。火曜日は0-2で敗北も、開幕5連勝で首位を走るクラブのスタジアムに乗り込んだ金曜日の試合では本山雅志が同点ゴールのアシストを記録するなど3-2で首位撃破。シーズン初勝利で6位まで浮上。