Deep Red Weekend

紅い週末 2020/6-4 大迫ラシサ爆発 クルクルクラクラ大迫力さぁ行くぞ

ANTLERS

Yuki Kakita
  / Tokushima Vortis

J2リーグ再開の愛媛FC戦にスタメン出場し、1点リードで迎えた16分にCKから打点激高ヘッドで移籍後初ゴールを獲得。前半ATにもCKから相手のオウンゴールを誘発し、ポストプレーなんかでもめっちゃ存在感を放つも、なんやかんやあって徳島は逆転負け。

愛媛は前野貴徳がキャプテンとしてスタメン出場し、セットプレーから愛媛の1点目と3点目を演出。


Kazuma Yamaguchi
  / Mito HollyHock

J2リーグ再開の群馬戦、ベンチスタート。1点リードで迎えた70分から左サイドに投入されて水戸での公式戦初出場を果たすと、71分にアシストを記録。85分にもコーナーキックでパーフェクトボール(解説さん命名)を供給して2つのアシストを記録。その後、1点を返されるも3-1での勝利に貢献。

奥野体制の群馬は田中稔也がスタメン出場も見せ場作れず。開幕2連敗。


Itsuki Oda
  / Machida Zelvia

J2リーグ再開の東京V戦に右サイドバックでスタメン出場。町田は試合序盤に平戸太貴の結構なスーパーのゴールで先制点を奪うも、後半ATにPKで失点を喫して引き分けリスタート。


Kotaro Arima
  / Tochigi SC

2月の開幕戦でスタメン獲得も再開初戦の山形戦はメンバー外。そんな栃木はアウェイで櫛引政敏から得点奪えず、無得点で敗れて開幕2連敗。

山形は本田拓也がフル出場、佐藤昭大がベンチ入り、そして中村充孝がベンチ外という。


Leandro
  / FC Tokyo

PKの練習。


Tomoki Hayakawa & Keigo Tsunemoto
  / Meiji Univ.

7月5日に開幕する関東大学サッカーリーグの詳細が発表され、駒澤大学との開幕戦は15時から流通経済大学龍ケ崎フィールドで開催されることが決定(非公開)。

無観客予定の前期リーグ全試合フルマッチ配信を発表。駒澤大学との開幕戦はジェイネットTVで配信予定。


Naoki Hayashi
  / OUHS

6月25日に鹿島アントラーズへの加入内定がリリースされ、大学公式サイトにて「歴史と伝統、そして素晴らしいサポーターがいるこのクラブの一員になれる事を、本当に嬉しく思います。1日でも早く、鹿島アントラーズの勝利に貢献できる選手になる為に、日々精進します。応援宜しくお願いします!」とコメント。

関西学生サッカーリーグは前期リーグが中止、後期は9月12日から開催予定。6月21日に再開予定もあった関西学生サッカー選手権も開催見送りが決定済み。



  / Kashima Antlers Youth

J2リーグ開幕戦の翌日に水戸のトップチームと対戦して2-1で勝利。


Germany

Yuya Osako
 / Bremen

リーグ最終節が開催され、自動降格圏に沈むブレーメンはホームでケルンと対戦。直近の3試合で2ゴール中の大迫勇也は古巣相手にスタメン出場を果たすと、22分にエリア内でこぼれ球を拾って先制点を獲得。その5分後にはラシサの得点をアシストし、29分には審判に文句言ってる間にフュルクルクが追加点を獲得。今季はホームで激弱ながら前半で3点のリードを奪ったブレーメンは55分にもクラーセンがゴールを決めると、その3分後に大迫が自身2点目を決めて5-0。その後、持ち前の不安定さで失点も、68分にはサージェントがゴールを決めて6-1で勝利。最終節で今季のホーム2勝目を挙げ、他会場の結果を受けて自動降格を回避。入れ替え戦に進出。

2得点でブンデスリーガでのシーズン最多得点を「8」に更新した大迫にはドイツメディア大絶賛。現地紙は最高評価となる「1」の採点をつけ、Twitterでは大迫派閥もサージェント派閥の互いを認め合う流れに。ちなみに大迫の1点目はブレーメンのホーム通算1,900点目。ひとまず降格を回避したブレーメンは今後、7月2日に入れ替え戦の1stレグ、7月6日に2ndレグに挑む。


Spain

Gaku Shibasaki
 / Deportivo 

ミッドウィークの試合でスタメン復帰もシャドーで起用され、32分にレイトタックルでレッドカードが提示される。プロキャリアで初の一発退場、シーズン2度目の退場。そしてデポルティボは数的不利になるも1-0で勝利。柴崎岳が出場停止の週末の試合でも逆転勝利で2連勝。

ちなみに高校時代の名コンビの相方、


Hiroki Abe
 / Barcelona B

CMみたいなアングルでのトレーニング動画を公開し、鈴木優磨に絡まれる。

この投稿をInstagramで見る

More strong  Keep moving

Hiroki Abe/安部 裕葵(@hiroki.abe_official)がシェアした投稿 –

Belgium


Naomichi Ueda
 / Cercle Brugge

楽しそうにトレーニング中。


Yuma Suzuki
 / Sint-Truidense V.V.

中東のクラブから鈴木優磨に獲得オファーがあったことを地元紙が報じ、ついでにフランスとドイツなど複数のクラブから興味を示されているという情報も。中東クラブの提示額は3億6000万円なんて噂。


Portugal

Koki Anzai
  / Portimonense

3試合連続ベンチ外。ポルティモネンセは勝っちゃう。


Cyprus

Carlao


  / Doxa Katokopias

ディフェンスを1人、ミッドフィルダーを3人補強し、マルセイユで中田浩二とポジションを争ったナイジェリアのレジェンドDFタイエ・タイウォと契約した、みたいなニュースがキプロスに飛び交ってます。カルロンがまだ在籍しているかは不明。

Brazil


Fabio Santos & Bueno
 / Atletico-MG

健康診断なんかを経て、クラブがブエノの加入を正式発表。契約は2021年6月まで。日本時間29日の夜には会見が行われ、公式チャンネルでライブ配信される模様。

ファビオサントスは元気に練習中。


Renato Caja
  / Juventude

着々と補強中。今週からグループトレーニングが再開され、レナトカジャもフィジカルトレーニングに参加。昨年は2つの負傷に苦しむも、「今年は準備ばっちりだから期待して」みたいなコメントも。


Tarta
  / Boavista SC

リオデジャネイロ州選手権が再開済みも先週末は試合なし。7月1日にフラメンゴと対戦。引き分け以上で決勝ラウンド進出決定かも。


Da Silva
  / EC Taubate→?

5月1日付けでADサンカエターノを退団?オンライントレーニングでは姿を確認できず。


Dinei
  / Agua Santa

財政面で大変そうなニュースがちょいちょいありますがジネイは退団していないはず。レプリカユニフォームが50%オフで販売しているらしいです。


Korea


Park Joo Ho & Jung Seung-Hyun
  / Ulsan Hyundai

全北現代との1位2位決戦でスンヒョンがスタメン、チュホがベンチスタート。蔚山は27分にスンヒョンの相方CBが一発退場で数的不利になると、45分に先制点を献上。試合終了間際にも追加点を許し、ホームで0-2の敗北。開幕から9試合を消化して王者全北とは4ポイント差に。チュホは出番なし。


China

Serginho
  / Changchun Yatai

アカデミーのトレーニングが再開もトップチームの情報なし。6月6日と13日に行った練習試合では1-4、5-1と2連勝し、セルジーニョもゴールを記録。


Australia

Jair
  / Central Coast

7月16日にリーグ再開が決定し、セントラルコーストは絶賛トレーニング中。残り4試合、クラブは現在8ポイント差で断トツの最下位もAリーグは降格制度なし。


Thailand

Masatada Ishii
/ Samut Prakan City

フェイスシールド着けてトレーニング中。


5月にタイメディアでサムットプラカーンとの契約解除が報じられたペドロジュニオールは過去4回在籍をしたヴィラノヴァへの復帰を希望している模様。ちなみに何個かのブラジルメディアは現在もサムットプラカーンとの契約は続行しているなんて報道の仕方。さらに、給料はサムットプラカーンのほうがはるかに高いだろう、と。


UAE

Caio
  / Sharjah

6月21日の会議でリーグの打ち切りが決定。新シーズンは9月に開幕予定。


Hong Kong

Igor
  / R&F

リーグ中断中。リーグ戦とFAカップ決勝などが消化できておらず、若干揉めてる感じ。


Japan

Kazune Kubota
 / Matsumoto Yamaga

金沢との再開戦でベンチ入りを果たし、スコアレスで迎えた72分から出場。岡山時代みたいに右サイドで使われることなく、ちゃんとセンターで起用されてサポーターの心を掴む。試合は0-0のまま終了。

松本山雅は杉本太郎がスタメン出場で久保田和音と交代するまでプレー、金沢は大橋尚志がフル出場。


Yutaka Akita
 / Iwate Grulla Morioka

J3リーグの開幕戦で秋田と対戦するも0-4の大敗。鹿島ユース出身の藤井航大はメンバー外、色摩雄貴は75分から出場を果たしてJリーグデビュー。


Takahide Umebachi
 / SC Sagamihara

新天地でのリーグ開幕戦で無事にスタメン出場。ロングボールでチャンスを演出するなど存在感を発揮、したはず。試合は0-0の引き分け。