Deep Red Weekend

紅い週末 2020/6-3 ブエノ母国到着

Germany

Yuya Osako
 / Bremen

ミッドウィークにバイエルンミュンヘンとのリーグ戦が開催され、大迫勇也は4試合連続でのスタメン出場。降格圏に沈むブレーメンは首位独走優勝リーチの相手に善戦も0-1で敗戦。久々に最前線で起用された大迫はさすがの収めっぷりで試合終了間際に際どいシュートを放つなど、現地メディアも高評価。しかしサポーターには相変わらずの不評で監督も「もっと大迫を評価して」と世間に呼びかけ。

週末のマインツ戦でも大迫はスタメン出場。前節の結果で自動残留の可能性がほぼ消滅&マインツ戦で降格が決まる可能性もあるブレーメンは前半から攻勢をかけるも25分と30分に失点。後半、大迫勇也が2試合ぶりのゴールを決めて1点を返すも、試合終盤に再び追加点を許して1-3で敗北。他会場の結果により今節での降格は免れるも、最終節で勝つことが絶対条件かつデュッセルドルフが勝っちゃうと降格が決定。ブレーメンは最終節で14位のケルン(大迫勇也の古巣)と、デュッセルドルフはウニオンベルリン(内田篤人の古巣)と対戦。

ちなみにマインツ戦終了後、地元紙の採点で大迫勇也は単独最高点もサポーターにはネットでめちゃくちゃ叩かれる。

Spain

Gaku Shibasaki
 / Deportivo 

ミッドウィークにリーグ戦が開催されて柴崎岳は安定のスタメン出場も、1点ビハインドで迎えた57分に途中交代。チームはその直後に同点ゴールを奪って勝ち点1を獲得。

週末の試合ではベンチスタートで出番なし。開始1分で先制を許したデポルティボは前半内で追加点も許して2点のビハインドも50分と52分の得点で同点に追いつくと試合終了間際にPKをすごい微妙なPKを獲得して逆転に成功するも後半ATに完全な帳尻合わせPKをくらって引き分け。

Portugal

Koki Anzai
  / Portimonense

リーグ戦で2試合連続ベンチ外。ポルティモネンセはアウェイで勝ち点1を獲得しちゃうも残留圏まで7ポイント差の降格圏。

Brazil

Fabio Santos & Bueno
 / Atletico-MG

クラブがTikTokに力を入れ、ファビオサントスが宣伝。そんなことよりブエノがブラジルに到着。

Tarta
  / Boavista SC

6月20日にリオデジャネイロ州選手権が再開。再開後も安定のスタメン出場のタルタは相手選手の退場を誘発したり、良いクロスを供給したり存在感発揮も0-0の引き分け。

Korea

Park Joo Ho & Jung Seung-Hyun
  / Ulsan Hyundai

ミッドウィークのリーグ戦では安定のスタメン出場で3-0の勝利に貢献も、週末のソウル戦ではまさかのベンチスタートで出番なし。チームは2-0で勝利を収めて首位キープ。

ミッドウィークの試合ではおもしろゴール取り消しも。

ANTLERS
Tomoki Hayakawa & Keigo Tsunemoto
  / Meiji Univ.

6月19日、明治大学から早川友基、常本佳吾の鹿島アントラーズ加入内定がリリースされる。同日、関東大学サッカー連盟が2020年のリーグ戦日程を発表し、明治大学は7月5日に開幕戦で駒澤大学と対戦することが決定。9月19日まで行われる前期リーグ11試合はすべて無観客での実施。