Deep Red Weekend

紅い週末 2019/5-2 負傷明けのカルロン、途中出場の3分後のシーズン初ゴールの3分後にきっと負傷退場

ANTLERS
Yuki Kakita
/ Zweigen Kanazawa

5試合ぶりにメンバー入り。アウェイでの岐阜戦に1点リードで迎えた78分から出場。金沢はその直後に同点ゴールを許すも、86分に垣田裕暉が右サイドからのクロスを押し込み、勝ち越しに成功。公式記録では垣田のゴールではなくオウンゴールとなるも、概ね垣田の決勝点で勝ち点3を獲得。

Kazune Kubota
/ Fagiano Okayama

アウェイ京都戦に開幕13試合連続となるスタメン出場。1点ビハインドで迎えた53分にはきっとシュートミスも同点ゴールの起点に。久保田は75分までプレーするも、岡山は84分に失点を喫して1-2で敗北。

Ayase Ueda
/ Hosei University

リーグ非開催。やべっちFCに密着される。

/ Kashima Antlers Youth

プレミアリーグ第5節、昨年まで関川郁万が所属した流経柏と対戦。スカパー!でも放送された試合はチャンスをいかせず前半を終えると、後半開始早々に先制点を献上。それでも69分に柳町魁耀くんのクロスに栗俣翔一くんが飛び込み、同点ゴールを獲得。その後、カウンターの対応から鹿島ユースは退場者を出すも、最後まで得点許さず、なんなら最後まで得点を狙い、貴重な勝ち点1獲得。

Germany

Yuya Osako
/ Bremen

フル出場で1-0の勝利に貢献。この結果、ブレーメンは最終節を残し、ヨーロッパリーグ出場圏内の7位まで2ポイント差の9位。
7位につけるヴォルフスブルクはアウクスブルク、1ポイント差で8位のホッフェンハイムは敵地でマインツ、さらに1ポイント差のブレーメンはホームでライプツィヒと最終節で対戦。
ヴォルフスブルク引き分け、ホッフェンハイム引き分け以下、ブレーメン勝ちの場合は得失点差でブレーメンが7位まで浮上。

Spain

Gaku Shibasaki
/ Getafe

バルセロナ戦にスタメン出場も散々な評価で45分のみで交代。ヘタフェは0-2で敗れ、最終節を残して5位に転落。来季のCL出場圏内となる4位バレンシアとは同勝ち点、得失点差は「1」のみ。6位のセビージャはバレンシア、ヘタフェと2位ポイント差、得失点はヘタフェと同じ。最終節、ヘタフェはホームで14位ビジャレアル、バレンシアは残留決定済みの16位バリャドリード、セビージャはEL圏内転落の可能性がある7位ビルバオと対戦。

Koyo Matsuura
/ Jumilla(Estudiantes Murcia)

トップチームで2試合連続フル出場を果たし、2試合連続での完封勝利に貢献。

France

Gen Shoji
/ Toulouse

トゥールーズ加入後16試合目のリーグ戦で6度目の無失点もこっちも無得点で勝ち点1。リーグ戦2試合を残し、あと1ポイントで残留決定。

Belgium

Naomichi Ueda
/ Cercle Brugge

3試合ぶりのスタメン出場。植田不在の2試合で9失点だったセルクルブルージュは先制するも逆転を許し敗北。

Yuta Toyokawa
/ Eupen

安定のスタメン出場も2試合連続ゴールならず。

Brazil

Fabio Santos
/ Atletico-MG

リーグ戦にスタメン出場も0-2で敗れ、開幕4連勝ならず。グループステージ敗退決定済みの大陸大会ではアシストを記録するなど2-1の勝利に貢献。

Danilo
/ Vila Nova

恐らく筋肉系のトラブルから復帰し、コパ ド ブラジルの試合に出場。2試合トータルスコアでPK戦まで突入した試合でダニーロは2人目のキッカーを務めるも、失敗。ヴィラ・ノヴァの敗退が決定。

Tarta
/ Boavista SC

ブラジルセリエD試合にフル出場し、2-1での勝利に貢献。

Da Silva
/ AA Internacional→Juventude?

カンピオナート・パウリスタ・セリエA2の決勝から一週間、どこに所属しているかも分からず。

Korea

Park Joo Ho
/ Ulsan Hyundai

ミッドウィークのACL、週末のリーグ戦ともにフル出場で勝利に貢献。ACLではグループ最終節を残して首位での突破が決定。リーグ戦でも再び首位に浮上。

Chikashi Masuda
/ Seoul E-Land

前半43分での交代から2試合連続メンバー外。怪我?

UAE

Caio
/ Al-ain

敗退が決まりかけているACLにスタメン出場も0-2で敗れ、ACL敗退が決定。アルアインは公式戦8試合勝利なし。週末のリーグ戦でも起用され、試合終了間際に貴重な追加点を獲得。

加入が決まっているベンフィカは敵地でのリオ・アヴぇ戦を3-2で制し、首位キープ。優勝が決まる可能性もあったが、2位ポルトも3ポイントを加え、勝ち点差は「2」のまま最終節へ。ベンフィカはホームで7位サンタ・クルル、ポルトもホームで3位スポルティングと対戦。

Dutra
/ Al-Nasr

安定のスタメン出場でゴール獲得も、1点ビハインドで迎えた79分に退場。ドゥトラを含め、2人の退場者を出したアルナスルは6試合ぶりの敗戦。

Thailand

Carlao
/ Samut Prakan City

きっと負傷明けで62分から出場し、その3分後に先制点となるシーズン初ゴールを記録。その3分後に交代というカルロンらしさを発揮。チームはその後も得点を重ね、3-0で勝利。

Pedro Junior
/ Fortaleza→Buriram United

ACLでゴールを記録もリーグ戦では不発。

Hong Kong

Igor
/ Tai Po

悲願のリーグ一週間、リーグ最終節を残して謎のリーグお休み週。