Deep Red Weekend

紅い週末 2019/4-3  127日ぶりの岳芸会 in スペイン VAR乱用マッチ演出

紅い週末 2019/4-3  127日ぶりの岳芸会 in スペイン VAR乱用マッチ演出

ANTLERS

Yuki Kakita
  / Zweigen Kanazawa

2試合連続ベンチ外。そんな金沢は最後までゴール奪えず無得点で柏と0-0のスコアレスドローで2試合で奪った得点は「1」のみ。大橋はフル出場、梅鉢はベンチ入り。

Kazune Kubota
  / Fagiano Okayama

徳島戦で開幕10試合連続スタメン出場。89分までプレーし、2-1の勝利に貢献。岡山はこの勝利で8位まで浮上。

Ayase Ueda
  / Hosei University

関東大学サッカーリーグお休み週。鹿島の練習に参加し、クラブ公式インスタグラムが初ユニフォーム姿(非スーツ着用)を公開。ネームは「UEDA」。

  / Kashima Antlers Youth

プレミアリーグで柏レイソルU-18と対戦。セットプレーから二度のリードを奪うも、逆転を許して2-3で敗北を喫し、開幕3連敗。

Germany

Yuya Osako
 / Bremen

2試合連続スタメンならず、敵地でのバイエルンミュンヘン戦はベンチスタート。ブレーメンは58分に退場者を出すと、75分に失点。大迫勇也は73分から出場するもブレーメンは最後まで得点奪えず、2019年の公式戦で初敗北。

Spain

Gaku Shibasaki
 / Getafe

セビージャ戦にスターティングメンバーとして2018年12月15日以来となる出場。VARで先制に成功し、1点リードで迎えた33分にはFKのチャンスから精度が高いクロスをゴール前に供給し、再びVARでのPK獲得に貢献。

また、このハンドで内田篤人の元同僚&安部裕葵を褒めてくれたセビージャDFエスクデロが退場。PKのチャンスもハイメ・マタが決めてリードを2点に広げる。

柴崎岳は後半序盤にも右サイドからアシストのアシストを記録するなど結果を残し、61分に大きな拍手が送られる中で交代。その後、VARでヘタフェにも退場が出るも、3-0のままタイムアップの笛。セビージャとの上位対決を制したヘタフェがチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内となる4位に浮上。

Koyo Matsuura
 / Jumilla(Estudiantes Murcia)

リザーブチームで2試合連続での完封勝利に貢献。

France

Gen Shoji
 / Toulouse

髪が伸びてきても安定のスタメン出場で圧倒的な存在感を発揮。2位リール相手に得点を許さず、勝ち点1獲得に貢献。ちなみにこの結果、PSGのリーグアン優勝が決定。

Belgium

Naomichi Ueda
 / Cercle Brugge

3試合連続スタメン出場。先制を許したセルクルブルージュはその1分後に同点に追いつくも、76分に勝ち越しを許して3連勝ならず。

Yuta Toyokawa
 / Eupen

小池裕太の古巣クラブ戦に安定のスタメン出場。オイペンは先制を許すも、54分に同点ゴールを獲得。豊川雄太は60分までプレーし、試合は1-1のままタイムアップ。

Brazil

Fabio Santos
 / Atletico-MG

州選手権、クルゼイロとの決勝戦2ndレグにスタメン出場。敵地での1stレグを1-2で落としたAミネイロは30分に先制点を奪いアウェイゴールで優位に立つも、試合終盤の80分にPKで失点。その後、最後まで得点奪えず、トータルスコア2-3で敗北。2年連続で準優勝に。リーグ戦は4月28日に開幕。

Danilo
 / Vila Nova

コパ・ド・ブラジルのサードラウンジ1stレグにスタメン出場し、8分には自ら獲得したPKで先制ゴールを決めるなど2-0の勝利に貢献。2ndレグはお休みで1-2の敗北も勝ち上がり決定。

Tarta
 / Boavista SC

試合なし。

Da Silva
  / AA Internacional→Juventude?

カンピオナート・パウリスタ・セリエA2の準決勝、敵地での2ndレグにスタメン出場。本拠地での1stレグを0-0で引き分けたAA Internacionalだが、2ndレグは1点ビハインドで後半ATに突入するも恐らく試合終了直前のゴールで同点に追いつく。そのままタイムアップもアウェイゴールの概念がないらしく、PK戦まで突入するも無事に制してファイナル進出が決定。決勝戦は4月28日と5月1日。

Korea

Park Joo Ho
  / Ulsan Hyundai

リーグ戦で安定のスタメン出場も昇格クラブの城南FCに敗れて首位から陥落。その3日前くらい開催されていたカップ戦でも敗れて早期敗退が決定。

Chikashi Masuda
  / Seoul E-Land

パクチュホの早期敗退でお馴染みのカップ戦にセンターバック?でスタメン出場し、1-0の勝利に貢献。

UAE

Caio
  / Al-ain

国内リーグ戦でメンバー外。夏に加入するベンフィカは月曜日に試合、デッドヒートな優勝争いを演じているポルトはしっかり勝利で勝ち点3獲得。ということでベンフィカが引き分け以下なら首位から陥落。

Dutra
 / Al-Nasr

安定のスタメン出場で3得点&3連勝に貢献。

Australia

Jair
  / Newcastle United Jets

謎の3試合連続メンバー外。怪我?契約?(コピペ2週目)

Thailand

Carlao
  / Samut Prakan City

2試合連続メンバー外。怪我かなー。

Pedro Junior
 / Fortaleza→Buriram United

リーグ戦に安定のスタメン出場も得点絡めず2試合連続ドロー。

Hong Kong

Igor
  / Tai Po

ミッドウィークのAFCカップで2ゴール1アシスト1PK失敗の存在感。週末のリーグ戦でも安定のスタメン出場を果たすと、1-1の同点で迎えた90分に劇的な決勝ゴールを決め、勝ち点3獲得に貢献。この結果、リーグ戦2試合を残して2位との差を「4」に広げ、次節勝てばリーグ優勝(きっとクラブ史上初)が決定。