Deep Red Weekend

紅い週末 2019/11-1 7日間で249分出場のファビオサントス、245分に大仕事 あと優磨が膝スラ

ANTLERS

Yuki Kakita
  / Zweigen Kanazawa

2試合連続出場も2試合連続となるゴールは奪えず、千葉とのアウェイゲームに挑んだ金沢は1-2で敗戦。3連勝ならず、昇格プレーオフ圏内となる6位とは8ポイント差に。

Kazune Kubota
  / Fagiano Okayama

負傷離脱中。アウェイで鹿児島と対戦した岡山はスコアレスドローに終わり、7位に転落。昇格プレーオフ圏内の6位につける水戸とは同ポイント。残り3試合で金沢(A)、横浜FC(H)、水戸(A)と対戦。

Takeshi Kanamori
  / Sagan Tosu

横浜F・マリノスとの試合にスタメン出場。金崎夢生をサスペンションで欠く鳥栖は2点をリードを許すと、金森健志のスルーから1点を返すも1-2で敗北。

Itsuki Someno
  / shoshi high school

U-18日本代表として活動中。10月31日には流通経済大学との練習試合にスタメン出場し、先制点を挙げるなど5-0の勝利に貢献。山田大樹も招集されているU-18日本代表は今後、ベトナムに移動して11月6日からAFC U-19選手権2020予選に参戦。

Ryotaro Araki
  / Higashi Fukuoka High School

試合なし。

Yuta Matsumura
  / Shizuoka Gakuen

高校サッカー選手権静岡大会の決勝トーナメント初戦、焼津中央を3-0で下すと、中1日で開催された準々決勝でも飛龍を2-0で破りベスト4進出。準決勝では浜松開誠館と対戦。選手権公式サイトで

ライブ配信

あり。

  / Kashima Antlers Youth

Jユースカップの準々決勝で福岡U-18と対戦。先制を許した鹿島ユースは48分、柳町魁耀くんがドリブル突破から同点ゴールを奪うも、試合終盤に失点を喫してベスト8での敗退が決定。

Germany

Yuya Osako
 / Bremen

ミッドウィークのカップ戦で戦線復帰し、週末のリーグ戦ではスタメン出場。ホームスタジアムにフライブルクを迎えたブレーメンは9分に大迫勇也のアシストから先制に成功するなど2度のリードを奪うも、後半アディショナルタイムの失点で引き分け。リーグ戦6試合未勝利。

Spain

Gaku Shibasaki
 / Deportivo 

2試合連続のベンチスタートでシーズン3度目の出場機会なし。上位クラブとのアウェイゲームに挑んだディポルティボは1ポイント獲得も開幕戦以来勝利なく、最下位脱出ならず。

Hiroki Abe
 / Barcelona B

2トップの一角としてスタメン出場。0-0の状況で迎えた前半終了間際に決定機が訪れるも決めきれず、チームも無得点で勝ち点1留まり。

France

Gen Shoji
 / Toulouse

負傷離脱中。ホームにリヨンを迎えたトゥールーズは2度のリードを奪うも2度の同点ゴールと試合終了間際に逆転ゴールを許して2-3で敗北。連敗で再びプレーオフ出場圏となる18位に転落。地元紙によると昌子源は復帰間近とか違うとか。11月中の復帰は濃厚。

Portugal

Caio
  / Benfica

4試合連続での招集メンバー外。地元紙で移籍の可能性を記事にされて、その記事をフットボールチャンネルが記事にする。

元鹿島のカイオ、名門ベンフィカで窮地に。2試合連続ベンチ外、1月に放出の噂も

Koki Anzai
  / Portimonense

2試合ぶりスタメン入り、珍しく左のウイングバックで出場。ポルティモネンセはセットプレーから先制ゴールを獲得も後半ATにセットプレーから同点ゴールを決められ勝ち点1。

Belgium

Naomichi Ueda
 / Cercle Brugge

ミッドウィーク&週末の試合で安定のスタメン出場も2-2の引き分けと1-2の敗戦で9試合未勝利。最下位。

Yuta Toyokawa
 / Eupen

ミッドウィークのリーグ戦、負傷明けでベンチ入り。最後まで出番なしもオイペンは1-2で勝利。週末の試合でもベンチスタート。前半に立て続けのゴールで2点をリードを奪ったオイペンはそのまま逃げ切って2連勝。4戦負けなし。豊川雄太は87分から出場。

Yuma Suzuki
 / Sint-Truidense V.V.

ミッドウィークのリーグ戦で2試合連続スターティングメンバ―入りし、1-1で迎えた87分にこぼれ球を押し込んで逆転ゴールを獲得。

週末のリーグ戦でもスタメン出場を果たすと、56分にクロスを頭で合わせて先制点ゴールを獲得。この1点を守り切ったシントトロイデンは2連勝。ということで鈴木優磨は2試合連続決勝ゴール。

Cyprus

Carlao
  / Doxa Katokopias

シーズン初のベンチスタート。ずっと0-0の状況でもまさかの出番なし。結局スコアレスドローに終わり、開幕8試合勝利なし。

Brazil

Fabio Santos
 / Atletico-MG

10月28日のリーグ戦にスタメン出場も0-2で敗戦。その試合から中2日で開催された31日のリーグ戦でもスタメン出場も0-2で敗戦。その試合から中2日で開催されたリーグ戦ではベンチスタートも味方選手の負傷により21分から出場。ミネイロは2度のリードを許すも、86分にファビオ・サントスが同点ゴールを挙げて勝ち点1獲得。

Renato Caja
  / Ponte Preta

一週間で3試合を行い、レナトカジャは内2試合にスタメン出場も、チームは2分1敗と未勝利で昇格争いから10歩くらい後退。残り5試合、昇格圏の4位と10ポイント差。しかも11位。

Da silva
  / Ad Sao Caetano?

ちょっと行方不明。

Korea

Park Joo Ho
  / Ulsan Hyundai

順位決定リーグでソウルと対戦。パクチュホはベンチスタートも、1点リードで迎えた80分から出場して逃げ切りに貢献。2位の全北も勝利した為、3ポイント差のままラスト2試合へ。次節、ホームで全北との直接対決。

Chikashi Masuda
  / Seoul E-Land

4試合ぶりメンバー外。11試合連続勝利なし。

UAE

Pedro Junior
 / Khor Fakkan

開幕2試合連続スタメン出場の後、突然のメンバー外が続く。そして背番号「7」を違う選手がつけているという。移籍の情報なし。インスタでは元気そう。レオシルバ、土居聖真、田中稔也、田代有三らがよく「いいね」してる。(コピペ3週目)

Hong Kong

Igor
  / R&F

リーグ戦にスタメン出場。アシストしたり、PK獲得したり、そのPKを自ら決めたり5-1の大勝に貢献。開幕4試合で17ゴールのR&Fは1試合未消化ながら2位に浮上。